メディリフトの装着時…ゲルを使うのは面倒!乳液で代用できる?

メディリフト

メディリフトを装着する時に必要なゲル。

マスク装着の時にはゲルでなく、乳液でもいいのかな?と思っていませんか?

結論から言うと、メディリフト使用時、乳液をゲル代わりに使う事はできません。

乳液に含まれる油分がメディリフトのシリコーンマスクやコントローラーを劣化させる可能性があるからです。

実際、誤った使い方をしてシリコーンマスクを劣化させたり、油分がコントローラーの中に入り込み、それが原因となって壊れてしまうケースもあります。

乳液を代用するのはメディリフトを長持ちさせる上でもおすすめはできません。

ただ、ゲルを毎回使うのって面倒ですよね・・・

実は、オイルフリータイプのシートマスクなら代用品として使えるんですよ!

この方法は、メーカーもおすすめしている方法ですし、手間要らずでお手入れも簡単に済ませれるから、代用品としてはすごくおすすめ!

めんどくさがりさんは、この方法でなら、途中で使うのが面倒になってやめちゃう事なく、長続きすると思いますよ。

この記事では、普段のスキンケアに取り入れやすい、メディリフトの使い方についてご紹介します。

顔のたるみをなんとかしたい!

けど、メディリフト買ってちゃんと続けられるのかしら??と不安な方はぜひ参考にしてくださいね。

公式限定!メーカー1年半保証

乳液はメディリフトを傷める?!ゲルの代用品としては使えない理由

冒頭でもお話した様に、乳液はゲルの代用品にはなりません。

というのも、乳液の多くは成分に油分が含まれています。

この油分がEMSのコントローラーの内部に入り込むと、EMSが急に効かなくなったり作動しなくなったりと、故障の原因になる可能性があります。

また、シリコーンマスク自体も、油分に長時間触れるとシリコーン内部に油分が染み込んでマスクが千切れやすくなるなど、劣化の原因になります。

購入後、すぐにマスクが千切れる、コントローラーが効かなくなるなどといったトラブルを避けるためにも、乳液をゲル代わりに使うのは控えましょう。

装着時にゲルつけるの面倒…シートマスクがおすすめ!

とは言え、装着時に毎回ゲルつけるのって面倒ですよね。

私も、購入前、唯一ひっかかったのが、「ちゃんと毎日続けられるのかな」というところ。

毎回、ゲル使うのってマスクもベタベタになるし、手入れも大変そうって思っていたんです。

ただ、メーカーさんにお伺いしたところ(公式HPでもおすすめしてますが)、シートマスクで代用ができるとのこと!

引用:ヤーマン公式サイト

これなら、煩わしいお手入れも最小限になるし、続けやすいです。

装着手順としては、

1)洗顔後、化粧水をつけて整える
2)シートマスクを装着
3)その上からメディリフトを付ける
4)使用後は、美容液や乳液などいつものお手入れをして終了

シートマスクを使えば、シリコーンマスクのお手入れもさっと水洗いするだけで済みますし、コントローラーも固く絞ったタオルやウェットティッシュで拭き取るだけでOKです。

正直、乳液を使ってやるよりも、100倍楽な方法です。

メディリフトを使う時の手間を最小限にしたい人は乳液ではなく、シートマスクで代用しましょう。

シートマスクはオイルフリーを選んで!

シートマスクとメディリフトを一緒に使う場合は、油分を含まないタイプのシートマスクを選ぶようにしてください。

高価なものでなくてもOKです。

ドラッグストアに売っている様な大容量のタイプでいいので、オイルフリータイプを選びましょう。

美は一日にしてならず!継続したたるみケアを

今回は、メディリフトを使う時は、ゲルの代わりに乳液を使っても良いのか。

についてお伝えしました。

ご説明した通り、乳液は油分が多く含まれるため、メディリフト使用時にゲルの代わりにはできません。

ただ、代用品として、オイルフリータイプののシートマスクなら使ってもOKです。

シートマスクなら、ゲルほどお手入れや準備も煩わしくないから、普段のスキンケアに取り入れやすいですよ。

顔のたるみケアは、最低でも数ヶ月の継続が大切!

今回の方法なら誰でも、長続きして続けていけると思いますよ◎

公式限定!メーカー1年半保証

タイトルとURLをコピーしました